安くても利益が出る仕組みについて

今都心部で某チェーン居酒屋が勢力を伸ばしています。
その居酒屋は、大衆居酒屋で、1000円あれば十分に食べて飲んで楽しむ事が可能です。
ただしセンベロ酒場とは、一線を画していて、立ち飲み屋ではありません。
ゆっくり座って飲む事が出来、女性でも入りやすい雰囲気が特徴的な居酒屋です。

 

店舗は簡素な造りで設備には、お金をかけていませんが、清潔感があり、1人でちょい飲みも仲間と大勢で飲みに行く事も可能です。

 

そして、メニューに特徴があります。
それは一般的な居酒屋と比べて、メニューが少ない点です。
メニューが多いとそれだけ、手間がかかってしまい、人件費もかかってしまいます。

 

少ないスタッフでお店を回せるように、野菜カットは、チェーン店全体で全て工場でまとめてカットしています。
また回転率をアップさせるためには、注文して料理を早く提供する事が重要なポイントです。

 

メニューの数を絞る事で、人件費削減と回転率アップで、安くても利益が出る仕組みが出来上がっています。
加えてメニューの数を絞る事で、食材の廃棄ロスも減り、食材の管理が簡単にもなります。
その結果、提供する料理の品質がよくなり、美味しい料理を安く食べる事が出来るという魅力に繋がっています。

 

またメニュー数が少なくても、お客様に飽きられない工夫をしていて、短期間でメニューの入れ替えが行われています。
このように、安くて美味しい居酒屋を経営するためには、様々な仕組みが存在し、仕組みづくりに成功したチェーン店しか価格競争に生き残る事が出来ないのです。

 

横浜まろうどにはおすすめのメニューが多いです。