ウイスキーを飲むときに知っておきたいこと

バーや居酒屋でお酒を飲むとき、皆さんはどんなことに気を付けているでしょうか?
もちろん楽しく飲むことが出来れば良いのですが、
お酒の中には知っておくとさらに美味しく飲むことが出来る豆知識を持つものが存在するのです。
今回は、最近身近になってきたウイスキーを美味しく飲むための知識を見ていきましょう。
 

 

 

ウイスキーをあまり飲み慣れていないという人には水で割って飲んでみることをおすすめします。
ウイスキーと同量の水をグラスに入れるトワイスアップという飲み方は、
ウイスキーの臭いが苦手という人でも抵抗なくお飲みいただけます。

 

この飲み方でウイスキーの風味に慣れてきたら、段々水の量を減らしてみてください。
水の量が少なくても問題ないところまでウイスキーの美味しさを体感出来たら、次はロックに挑戦しましょう。
ロックとは水を入れることなくウイスキーと氷だけで楽しむ飲み方です。
時間が経つごとにウイスキーの味わいに変化が生まれるため、ウイスキー上級者もこの飲み方が好きという人が少なくありません。
トワイスアップよりもアルコールやウイスキーの香りを強く感じることになりますから、一口ずつ味わって飲むようにしてください。
ロックで何度かウイスキーを堪能したら、いよいよストレートに挑戦です。
グラスにそのままウイスキーを注ぐだけ。
非常にシンプルでありながらも、ウイスキーそのものの風味がダイレクトで舌を伝わる王道の飲み方です。
ストレートでウイスキーを飲む際にはチェイサーとして柑橘類を含んだジュースや水を用意しておくと良いでしょう。
ウイスキーを一口味わった後にチェイサーを口に含むことで、次の一口をフレッシュな状態で楽しむことが出来ます。
ウイスキーを美味しく飲みたいという人は、ご紹介した点を配慮しながらお楽しみください。