ワインやビールをスタイリッシュに楽しむ

居酒屋で何気なく飲んでいるビールやワイン。
その楽しみ方を本当に理解している方はどれくらいいるでしょうか?
楽しみとは、ただお酒を口内に持って行くことだけではありません。
注ぎ方やテイスティングといった所作を知ることによって、お酒本来の味を感じられるのです。
今回は、居酒屋に行く前に知っておきたいビールやワインに関するマナーをご紹介します。
ビールの注ぎ方は、至って簡単です。
瓶から注ぐのであればラベルを上に向けて、両手で抑えて注ぐというものです。
ビールサーバーを使って注ぐ場合には、ちょっとしたコツがあります。
グラスを45度の向きに傾けて注ぎ、グラスが7割程度まで満たされたら真っすぐに戻すのです。
その後泡のほうのレバーに切り替えると、ビールと泡の間に色の薄い層が見られます。
この層こそビールの味をより引き立ててくれるのです。
ビールサーバーでビールを注ぐことがあったら、ぜひ1度お試しください。
ワインを居酒屋で飲むときに、テイスティングをするかどうか尋ねられることがあります。
難しく考えず、自分の目と鼻、舌を使ってワインを味わいましょう。
まずは見かけをチェック。
グラスの後ろにライトを当てて、ワインが酸化していないかを見極めます。

酸化していると、ワインが茶色くなるのですぐに判別出来ます。
次はグラスを回しながら鼻を近づけ、変な臭いがしないかをチェックしてください。
最後に口の中に少量のワインを含み、
舌や歯といったお口全体でかみしめるように飲んでください。
異常が無ければテイスティングは終了です。
ビールやワインを味わうときに、
こうした作法を知っておくことでより美味しさが引き立つのでぜひやってみてください。

 

お酒のコスパが良い居酒屋、蔵之助 豊橋店はこちら。