日本酒上級者は酒器に拘る

日本酒が好きで、日本酒を飲む時には拘りがあるという日本酒上級者が、
拘るポイントは酒器です。

 

料理を盛り付けるお皿によって、料理の見た目は大きく変わります。
しかし、料理を盛り付けるお皿の種類によって、
料理の味が劇的に変化するという事はありません。

 

ですが、日本酒の場合は、
どんな酒器で飲むかによって、
味がガラっと変わってくるって知っていますか?

 

居酒屋で日本酒を注文すると、
基本的にはお猪口か、小さめのグラスで飲むのが一般的です。
ですが、人によっては、ワイングラスで日本酒を飲むのを好む人もいます。

 

ではどのような基準で酒器を選べばいいのか、紹介したいと思います。

 

まず酒の入る容量によって、味わいが変化します。
例えば常温ではなく、冷酒や熱燗を飲む時は、容量の小さい器を選びましょう。
せっかくの冷酒がぬるくなってしまったら、味が落ちてしまうためです。
そのため温度変化が起きる前に、飲み切れる量という事で、
小さい器が適しているのです。

 

次に口径も重要なポイントです。
口径により、表面積が変わり、
表面積によって酸化のスピードと香りが変わってきます。
つまり日本酒の口あたりや香りを楽しみたいという場合は
口径の大きいものを選びましょう。

 

そして最後は形状です。
酒器の形状は、丸みを帯びていたり、口が上に広がっていたりと様々です。
これはデザインだけのためで、作られているわけではありません。
形状によって、お酒の味に変化が出るためです。
例えば、口径よりも酒器の真ん中が広がっているタイプは、
香りは控えめで濃醇な味わいになります。

 

日本酒の種類によって、合う酒器のタイプも違ってきますから、
上級者じゃないと、日本酒に合う酒器を選ぶのは難しいと言えるでしょう。
赤坂の個室があるお店でも美味しい日本酒を楽しみましょう。