焼酎をより美味しく飲むには

焼酎とは、古くから日本で飲まれてきた伝統的なお酒です。
若い方にとってはあまりなじみが無いかもしれませんが、
上司や先輩と居酒屋へ行ったとき、決まって注文される人を見たことがありませんか?
焼酎には大きく甲類と乙類の2種類があります。
いわゆる酎ハイに利用されているのが甲類、
本格焼酎と呼ばれる素材の味を生かしたものが乙類になります。
焼酎の味を本当に楽しみたいのであれば、乙類焼酎を飲んでみましょう。
何度か飲んでいるうちにその味わいがクセになり、
居酒屋を訪れたら頼まずにはいられなくなるはずです。
どうせ乙類焼酎を飲むのであれば、
少しでその美味しさを引き立てるような飲み方で楽しみたいですよね。
今回は、上司や先輩に教えて揚げたくなるような乙類焼酎の美味しい飲み方についてご紹介します。
乙類焼酎の飲み方の中で最も一般的なのがオンザロックです。
ロックとストレートの違いは、グラスの中に氷が入っているかどうかになります。
この氷を上手く使うことが、焼酎の味をさらに引き上げるポイントなのです。
注文した焼酎が来たら、まずはグラスを両手で軽く握ってください。

そして、そのままグラスの中の氷を回転させるようにグラス全体を軽く動かします。
こうすることで私たちの体温によって氷が温められます。
焼酎に程よく水が溶けあうので、最初に一口がよりマイルドな味わいになるのです。
次は、オンザロックと同様によく知られている飲み方であるお湯割りについて見ていきます。
お湯割りを居酒屋で注文すると焼酎とお湯の割合を聞かれることがよくありますよね。
このとき、焼酎:水を6:4の割合で注文することをおすすめします。
この割合ですと、焼酎の香りが芳醇になりつつ、味が薄くなりすぎないからです。
以上のような飲み方を上司や先輩に教えてあげれば、居酒屋での飲み会がより楽しくなることでしょう。

 

名古屋駅近くの居酒屋も、焼酎が美味しくて人気です。