日本酒に合う和食探し

居酒屋の上級者を目指すうえで、やはり欠かせないのが日本酒と和食です。
銀座にあるこちらの居酒屋も、和食に特化していて、お酒もそれに合うものを中心に揃えられています。
最近では様々な種類の料理を提供するお店が増えてきましたが、
やはり日本の居酒屋における原点はこの2つといって良いでしょう。
日本酒の種類によって、相性の良い料理が変わってくることをご存知でしょうか?
最も口当たりが爽やかな日本酒を爽酒といいます。
香りがそこまで強くない一方、苦みや酸味も無いため飲みやすいのが特徴です。
こちらのお酒には、だしの香りを生かした料理がピッタリです。
爽酒は雑味が少ないため、
繊細な味付けが為されているおひたしや冷ややっこなどと召し上がっても良いでしょう。
精米歩合が高く、果実系の香りが強い日本酒を薫酒といいます。
薫酒に合うのは、香りの強い魚介や山菜を使った料理です。
ハーブや柑橘類にも負けない香りなので、
こうした材料を用いた料理と食べるのもおすすめです。
お米の風味を強く感じられる日本酒が、醇酒という日本酒です。
伝統的な製法で作られた日本酒なので、

最近ではあまり飲んだことがある人は少ないかもしれません。
お米の香りが強いためご飯に合うおかず、
揚げ物や肉じゃが、煮物といった料理とともに食べると良いでしょう。
紹興酒のように、黄色や茶色が買った日本酒を熟酒といいます。
日本酒の中でも最も味とあおりが強いため、
濃い味付けの料理にも負けることがありません。
煮込み料理やタレの味が強い料理のお供として活躍してくれます。
日本酒の風味に合わせて食べる料理を変えられるのも、
居酒屋の大きな魅力なのでぜひお試しください。