マナーを守って美味しい日本酒を

皆さんは、日本酒を美味しく飲むことに関してどれくらい自信がありますか?
日本の伝統的なお酒ですから、
お酒を飲めるようになってから今までで飲んだことが無いという人も少ないと思います。
乾杯といえばビールですが、ゆっくり語らうときに飲むお酒にはピッタリです。
温度によって様々な味の変化を見せるのも、日本酒の魅力の1つです。
こうした日本酒の美味しさをさらに高めるのがマナーや作法です。
居酒屋で宴会が開催されたとき、
上司や目上の人に正しい作法で日本酒を継いであげることが出来れば、
お互いに気持ちよく日本酒を口に運べることでしょう。
反対に、マナー違反をしてしまったせいで上司からお叱りを受けてしまっては、楽しい宴会も台無しです。
今回は、居酒屋で日本酒を酌み交わすときの作法について詳しく見ていきます。
まずは日本酒を注ぐときのマナーです。
日本酒はほとんどの場合徳利という容器に入って運ばれてきます。
この徳利はツボのような形をしており、その中でも最も膨らんだ部分を胴といいます。
お酌する際には、この胴の部分を上に向けるように徳利を傾けてください。
徳利を持つときは必ず両手で行います。

右手で徳利の下部分を持ち左手で支えてください。
日本酒をすすぐときには、2回に分けて入れるのがマナーとなっています。
1度注いでから少し間を置いて2度の注ぎに移ってください。
日本酒を注いでもらうときは右手でお猪口の底を持ち、左手で支えます。
注いでもらったら乾杯になりますが、日本酒の場合はお猪口を軽く合わせても大丈夫です。
以上のようなマナーをしっかりと覚えておけば、飲み会で上司と楽しくお酒を飲めることでしょう。

 

渋谷の個室居酒屋茜屋の日本酒もオススメですよ。