コスパのいい居酒屋について

今月は金欠だから、飲み会を不参加にしたという経験をした事があるのではないでしょうか?
若者の場合は、所得給与自体が低く、中高年になると、教育費や住宅ローンが家計を圧迫し、お小遣いも削られてしまいます。
その結果、なかなか飲み代にお金を出す余裕がない人も少なくありません。

 

ですが飲み会をする事自体は、人間関係を円滑にしますし、ストレスの発散にもなります。
なのでコスパのいい居酒屋を探して、飲み代を安く抑える事を意識してみるといいでしょう。
例えば渋谷区には、生ビールが1杯100円で飲める居酒屋が存在しています。

 

 

 

生ビールが安い居酒屋の多くは、生と謳っておきながら、実態は発泡酒を販売しているケースが珍しくありません。
ですがその居酒屋は、100円でありながら、本物の生ビールを提供しています。
なぜ100円で提供するのかというと、その居酒屋の店主は飲食業界が未経験でした。

 

そのため、どうしても自分のお店だけの強みを作りたいと考え、100円で生ビールを提供しています。
原価が200円なので、ビールだけでは採算が取れず赤字になってしまいます。
ですが生ビールが100円という事で、話題を集め、宣伝費なしで集客効果が抜群です。

 

また居酒屋に来てさえくれれば、生ビールだけを延々と飲むわけではありません。
他のお酒も注文してくれますし、おつまみもいろいろ注文してくれます。
そのためトータルで利益を出す事が出来れば、きちんと採算を取る事が出来ると言えます。

 

その他にも、地産地消の食材を上手く取り入れる事でコスパを良くしている居酒屋もあります。
地産地消とは、その地域で生産した食材を、その地域で食べるという考え方です。
そうする事で、地域の活性化に繋がりますし、安全性の高い食材が安く仕入れる事が出来ます。

 

なぜ安く仕入れる事が出来るのかというと、問屋などの中間業者を省いた流通経路だからです。
また地域内で消費するために、配送料などのコストもかからない上に、新鮮だというメリットもあるでしょう。