飲み会での気遣い

友人との飲み会と違い、上司や先輩との飲み会では気遣いや配慮が求められます。
この間も新宿のイタリアンで飲み会があり、後輩が全然気が利かなくて大変でした。

 

同じ会社の人間なのに気遣いをしなくてはいけないのは面倒に感じる人もいるかもしれませんが、
ここできちんとした振る舞いが出来ていないと、取引先相手との接待などで恥をかくことになりかねません。

 

今回は、目上の人とお酒を飲む際の気遣いについて詳しく見ていきましょう。
最初に注意しなくてはいけないのが、上司や先輩のグラスです。
グラスにお酒が入っていないのが見えたら、すぐに「お注ぎしましょうか?」一声かけましょう。

 

こちらがお酒を注ぐと上司も注いでくれることがあります。
その際にはグラスをなるべく空にしてから注いでもらうのがマナーです。

 

こうしたお酒の酌み交わし合いが飲み会での絆を強くします。
プライベートや仕事において、こうした絆が思わぬプラスの作用をもたらす鵜ことがあるのです。
グラスの次に注意したいのが料理の取り皿です。

 

お酒のときと同様に上司や先輩のお皿に何も乗っていなかったら「何かお取りしましょうか?」と声をかけてください。
飲み会において周囲に気を配ることが出来るようになると、パーティなどでの立ち振る舞いがずっと簡単に思えます。

 

会社やプライベートでパーティに招かれた際に役立つスキルなので、必ず身につけましょう。
最後の気遣いは、飲み会で孤立している人がいないかという点です。

 

せっかく飲み会に来たのに誰とも話す鵜ことなく寂しそうにしている人がいたら積極的に話しかけましょう。
一人でもつまらないと感じている人がいると、その飲み会の雰囲気が少しずつ悪くなってしまいます。

 

飲み会にただ参加するだけでなく、自分から積極的に飲み会の雰囲気を良くしようとするのが社会人としての心構えなのです。