居酒屋のお通しの文化について

居酒屋へ行くと、注文していないのに、お酒と一緒に小さい小皿のおつまみが運ばれてきます。
これはお通しと呼ばれる居酒屋文化です。

 

もともとの由来は、客を席に「お通しする」という意味からきているようです。
おつまみを注文しても、すぐにおつまみが出来るわけではありませんから、簡単なお通しを出して、それを食べながら待ってもらうために出しています。

 

客が注文したわけではないので、料金は発生しないのが基本です。
ですが、居酒屋によってはお通しの料金が発生する場合もあります。

 

別に食べたくないものを、勝手に出されて、お金を払うなんてと思う人もいるかもしれません。
ただ、席に対する座料という意味合いや、料金が発生する代わりに、美味しいものをという拘りがあるお店もあります。
料金が発生する場合は、300円〜500円以内となっています。

 

では料金が発生するのなら、お通しを拒否する事はできないの?と思われるかもしれません。
これもお店によります。
最近みつけた栄にある居酒屋は個室付きの割りには料金も安くお通し代カットもできました。

 

大手チェーンの場合は、拒否すればお通しは出さずに料金は発生しません。
ですが、個人経営の居酒屋などでは、拒否すればお通しは出されませんが、料金は請求される場合もあります。

 

お通しを食べても食べなくても、料金が発生するなら、食べた方が得だという事で、何も言わずに食べる人が多いのが現状です。
個人経営の居酒屋では、お通しは利益率が高く、来客全てにお通しを出しているので、稼ぎ頭のメニューでもあります。

 

そのためその稼ぎ頭の利益がなくなってしまうと、経営が傾いてしまう。
そんな事情があるからこそ、なかなかお通しの文化がなくならないのでしょう。

 

もっともお通しのレベルで、その居酒屋の料理のレベルが分かりますから、それで注文内容も変わってくるのではないでしょうか?