焼酎に合うお通し

焼酎に合うお通しとは、一言で説明するのは難しいと言えます。
なぜなら焼酎の種類によって、合うお通しは変わってくるからです。

 

原料が麦なのか、米なのか、芋なのかによって、焼酎の風味やコクは大きく違います。
ではそれぞれの焼酎の種類によって合うお通しを紹介していきます。

 

麦焼酎はさっぱりとした後味なので、本来脂っぽい料理を食べた後の口直しにピッタリだと言われています。
しかし、お通しではあまり脂っぽい料理は出てきませんよね。

 

なので、麦焼酎に合うお通しは、ナムルやタコの酢味噌和え、チンゲン菜とイカのショウガ和えなどです。
全体的に、味付けが濃い料理が合うと言えるでしょう。

 

米焼酎に合うお通しは、イカの塩辛、やホウレンソウの白和え、らっきょうの塩漬けなどです。
味の濃いモノや和え物系との相性がいいと言えます。

 

他にも、しらすおろしなどは、手間のかからないお通しですが、米焼酎との相性は抜群です。
米焼酎は日本酒のような、米の香りがする焼酎です。そのためお通しも和食との相性が1番いいと言えるでしょう。

 

芋焼酎は、焼酎自体が独特の味わいなので、どんな料理が合うのかイメージ出来ないという人も多いかもしれません。
しかし芋焼酎は和食はもちろん、和食以外の料理でも、意外と何にでも合うお酒だと言えるでしょう。
敢えて合うお通しを挙げるとすれば、アジのなめろう、みょうがのみそ焼き、牛肉とゴボウのしぐれ煮などです。

 

お通しは1種類という居酒屋も少なくありませんが、もし複数のお通しが選べるのなら、最初に注文したお酒に合うお通しを選ぶようにしましょう。
焼酎がおすすめ居酒屋はこちら