日本酒に合うお通し

居酒屋へ行って、お通しで出された料理が美味しければ、嬉しい気持ちになりますよね。
では日本酒に合うお通しと言えば、いろいろあります。

 

例えば、塩辛や砂肝など、そんなにたくさんは食べないけれど、ちょっとお酒のあてにあると嬉しいメニューです。
また自家製の大根や白菜の漬け物の味が美味しいと、最後の〆はお茶漬けにしようなんて勝手に決めてしまいます。

 

そして行きつけの居酒屋とかだと、いつ行ってもお通しが同じだと少し残念な気持ちになります。
なので、お通しは季節を味わえるような、春なら山菜やフキノトウを使った料理などを出してみてもいいかもしれません。

 

日替わりでお通しが変わると、常連客にも喜ばれるでしょう。
日本酒なので、きんぴらや煮物など、和食のお通しは合います。

 

ですが、お通しだからこそ普段自分では組み合わせないようなモノが出てくると、参考になるのではないでしょうか?
例えばポテトサラダがお通しで出てきて、日本酒とポテトサラダの組み合わせが美味しかったと気づけたら、次回から、自分でも注文してみようと思うでしょう。

 

そんなふうに、お通しでお酒とつまみの組み合わせの提案をして、酒好きの心を掴めると、集客力アップにもつながるでしょう。
実際最近のお通し事情では、お通しが勝手に出てくるよりも、どうせお金を払うのなら、自分の好きなモノを選びたい。

 

そう思う人が増えた事によって、お通しを数種類用意している居酒屋も増えてきています。
お通し文化は古くから日本にありますが、時代の変化とともに、お通しの内容にも変化が生まれてきています。
日本酒が美味しい居酒屋。http://umeda-kuranosuke.com/