良い準備が飲み会成功の秘訣

会社というコミュニティにおいて、飲み会はプライベートと仕事の狭間に位置する特殊な行事といえます。
上司にとっては普段の疲れを癒すためのものかもしれませんが、
幹事をはじめとした部下の皆さんにとっては仕事に近いイベントです。
こうしたイベントを成功させるには、感じが事前に念入りな準備をしておかなくてはいけません。
今回は、幹事の方が忘れがちな飲み会の準備について詳しく見ていきましょう。
幹事の方が最初にすべきことは、出席者の確認です。
日時が指定されていないのでしたら、1番目上の方にお伺いを立てていつが良いか決定します。
それをもとに出席する人とそうでない人、
直前にならないと出席可能かわからない人に分けたリストを製作しましょう。
次は会場選びです。
最もポピュラーな場所といえば居酒屋になります。
出席者が訪れやすいことを最優先に、
個室があるか、貸切利用可能かといった点をチェックしてお店を選別しましょう。
 

 

お店が決定したら、その旨を全員に伝達します。
そして改めて出席確認を取り、来られない方がいるかどうかを再度念押ししましょう。
ここまで来て油断してはいけません。
次にやっておきたいのが、挨拶のお願いです。
乾杯の音頭や締めの挨拶は、
一般的に目上の方が行うことになっていますから、これを事前に頼んでおきましょう。
なるべく直接会ってお願いすることが重要です。
こうしたお願いを経て、ようやく飲み会当日を迎えます。
幹事は何よりも会の進行が優先です。
行き帰りの交通手段について不安を抱いている人がいるようであれば、
事前にリサーチしておき、適切な方法を教えてあげてください。
こうした問題解決への姿勢は仕事にも生かされます。
幹事をしっかりやり切って、楽しい飲み会を演出しましょう。