居酒屋でビールを美味しく飲む

居酒屋で飲み会などを開いたときに、必ずといって良いほどビールで乾杯しますよね。
それほどまでにビールは私たちの生活の中で欠かせない存在になっているのです。
しかし、どうしてもビールの味が苦手という人やビールを美味しく感じられないという方もいることでしょう。
今回は、そんな皆さんにために居酒屋でビールを美味しく飲む方法をご紹介します。
 

 

ビールの魅力は何といっても喉越しです。
ビールが苦手な皆さんは、まず舌ではなく喉でビールを味わう感覚を身につけましょう。
喉越しを体感するには、ビールを口に含む前に何か食べておくのをおすすめします。
お口の中にある食べ物をビールで流し込むイメージです。
ビールに合うおつまみにはいろいろなものがありますが、初心者の皆さんには串揚げや焼き鳥を合わせてみてください。
なるべく甘辛い味のものを選択すると、ビールの苦さを軽減してくれます。
こうしたおつまみを一口頬張り、そこへすぐさまビールを注いで呑み込みましょう。
このときの喉に走る電撃のような感覚が喉越しです。

 

串カツや焼き鳥のように油をメニューは、ビールが持つ炭酸のリフレッシュ効果と喉越しの良さを引き立ててくれます。
これを何度か繰り返してくと、少しずつビールの苦さにも慣れていきますし、喉越し感覚がクセになるのです。
ビールを美味しく飲むにはそのお店がキンキンにビールを冷やしていることを確認しておくことが重要です。
日本人がよく飲むラガーという種類のビールは常温よりも低い温度で麦芽を発酵させています。
そのため、低い温度で飲んだ方が麦芽やホップの味わい、喉越しにキレが生まれるのです。
ご紹介した点に気を配りながら、居酒屋で美味しいビールを飲みましょう。